死屍累々。。。

ハーイ、フレンズ
オゥハァヨーゥ

えー、こんな時間にのそーっと起きて、ダルビッシュ観戦ですよ、はい。

ダルは……うーん……
えー、要は今ぁ、各球団の研究がかなり進んでしまってる様にィ、あのー、僕には見受けられるんですけどぉ。。。

丸裸の状態ってか。。。
ダル自身の不調も無くはないんでしょうが、でも、自分のピッチングがキッチリできれば自ずと結果も着いてくるっていう状態では、今はもうないと思うんすよねえ。。。

今日も初回から吐きそうですよ。。。
「まーた今日もボコボコにされんだろなあ、ヤだなー、このまま寝てたいなー、超ダルい。。。マジ超ダルいビッシュ憂鬱。。。」ッつって今夜も起きて案の定ゲーゲーえずいてんすけど。。。

まあもう僕は今年一年は覚悟してるんでね。彼自身がもう1つ高みに上らない限りは、今までのままじゃあ、もう賞味期限切れだとね、覚悟はできてんすけどお、覚悟してたってツラいっすよ毎回毎回こんなよったよたのよぼっよぼの姿見せられてね。。。

まあでもこうやって腹くくって毎登板毎登板見てるんでね。ちゃんと毎回見届けるんでね。
なーんてゆうかそのお……頑張って?的な?

そんな感じィ?
スポンサーサイト

※ ↓↓↓

えーっと1つだけ、
出木杉の黒目を小さく描きすぎて、どうしても彼が俯き気味に見えてしまうのが、どうしてもどうしても不満足な感じだなあ俺は。っていう

全体的に違和感の塊みたいなラクガキなのに何でわざわざそこだけ注釈させていただくかといいますと、出木杉ほんと死ぬほどいいヤツなんで、彼はこんな状況に於いてさえも、いやまあ「こんな状況」ってこれ一体全体どんな状況のアレなのか俺自身にもさっぱりワケワカメですけんど、まあとにかく、このコレのアレに在ってさえも、彼は悲嘆や憎悪に身を委ねたりはしないんでやんすよ。
だから彼だけは口元に笑みがアレしてるんすけど、なーんで俯いてしまったかなあ君は。ってか俺は。なーんで俯いて見える様に描いてしまったかなあ俺は。っていう

なのであの、俯いてないですこれ。この出木杉これ。
出木杉だけは、例え世界中が俺を敵としたって、いや待てこれ俺か?俺だったのかこれ?……俺だ。俺だ。うん。俺。
とにかくあの、彼だけは決して人を見限ったりはしないでやんすよ。出木杉はそーゆーヤツですよ。

出木杉の全体像はみなさんもご存知の通りだと思いますが、エピソード1つ1つ取ったって、彼のクズエピソードなんて1ッッッつも知らないでやんすよあっしぁ。いわゆるひとつの「ぐう聖」っすよ出木杉は。

あまりにもバランスブレーカー過ぎるんで、やっぱまあ大長編には出せないっすよねえ。
映画をものの数分で終わらせるワケにゃいかないっすし、かといって苦境に立たされてオロオロオロオロして挙句の果てに奮い立ったのび太に励まされる出木杉なんて見たくないしね。そんなもん、いわゆるひとつの「誰得」ですよ。
それでも出木杉は朗らかに笑ってますよ。出られなくても。映画に。出木杉はそーゆーヤツですよ。っていう

だからみなさん今一度、これ俯いてないです。出木杉。

まあ案の定ってか例によって例のごとくってか、これ出木杉を一番最後に描いたんで、それでもう俺がイッパイイッパイ過ぎてこんないじめられっ子みたいみたいなツラになってしまったんでしょうなあ。。。

それでもやっぱ出木杉は笑ってますよ朗らかのアレで。
「ぼくはあくまでもサブキャラだから、ぼくの分まで5人をよろしく描いてくれよ。……っていう」っていう

とってもだいすきだから……

ブラックユーモアってああいうことじゃない。
時間帯なんて関係ない。
笑えない。

IMG_20180511_053750.jpg

続きを読む

「……まだ起きてるのか?」

Ore「……」
A菜「……」
ガバッ!
A「!!!!」
O「A菜……ミ・アモーレ……(よく分かんねーけど『愛してる』的なアレだろきっと)」
A「Ore……でも……I missed the SHOCK...」
O「絶対に……マァッサラーマしたくない……(『サヨナラ』的なアレだろきっと。分かんねーけど)」
A「恋も二度目なら……」
O「パ・ドゥ・ドゥ・ノアrrrrr?」
A「抱きあげて。つれてって時間ごと……」
O「バーニンラアァァァァァアアア!!!!」カッカ!!!カッカッカ!!!
A「砂の上……刻むステップ……今あなたと共に……」

チャチャチャチャチャラチャン♪



うん、ごめんなさい。アレです。真夜中の。
貴女への愛までもが、完全にアレな方へとアレしてしまいました。。。ごめんなさい。

「なんだか胸さわぎがしてねむれないわ…」

「みんな聞いて!わたしはもとより、ネットによると『野比』と『剛田』も関東武士のみょうじらしいわ!『骨川』は糞みたいな身分のみょうじよ!例のパパがげこくじょうを果たしたんだわ!これスネ。ほめてつかわすぞ。それでこそあづまのもののふよ。はんこつ心をけっして忘れるでないぞ。
大事なのはここからよ!『出木杉』は、かくうのみょうじよ!つまりわたしたちはみんな、フィクションの中のキャラクターだったのよ!おかしいと思ってたわ!いくらこの青ダヌキがぶっ飛んでるからって、あきらかにすぐれたしゅつじのこのわたしが、こんなのび糞みたいなじこぶっけんとけっこんなんてするわけないもの!わたしゆるせない!こんな糞みたいな役をこのわたしにあてがったあのベレーうん公がゆるせない!きっとシェイクスピアに酔いすぎてイカれポンチになりやがったのよ!やろう、ぶっころしてやるわ!タヌ公!地球はかいばくだんをじゅんびせい!いざ出陣!フヒーッ、ヒ、ヒ、ヒ、ヒ」
「ぼくが糞みたいな身分だなんて、そんなのひどいよ!ママーーー!!」


映画Dえもん~のび糞とみんなと、時々、すべてがFになる~

近日ロードショー



先生ごめんなさい。真夜中のアレだから許してください。
先生が与えてくだすった想像力は、完全に間違った方向へとアレしてしまいました。。。ごめんなさい。

あ、でも、

なんかゴリラって相当に繊細だとか聞くし、やっぱチンパンジーかオランウータンにしとこう。近いらしいし俺と。俺らと。

んー。。。
ウータンにしよう。ウータンのが楽しそう。顔面的に。ハッピーそう。見るからにアホだろあいつらあの顔。アホの極みゴリラだろ。ぜってーハッピー。ウホッ。間違えた。ウキッ。アホの極みモンキー。ウキキッ

てきとーに喰って寝て屁ぇこいてたまにポコチン引っ張ってキャッキャ騒いだりしときゃ充分ウータンっぽいでそ。
もはや何がハッピーうけあいなんだかさっぱり分かんなくなってきたけど。。。

あと当然うんこおしっこだけはちゃんとヒューマンスタイルでおトイレ行かないとね。そこんとこまで徹底してウータンに寄せちゃうとアンハッピーの極みサンデーになっちゃうからね。

なんか人間って悲しい生き物だね。来世は俺、カラスがいいかも。ウキャッ

わしさあ。

ロングスリーパーと思うじゃよねえ。。。

一体何時間寝たんだろこの2日間で?



40近くかな?
寝過ぎて逆に糞眠みー。



こんな際限なくいつまでも寝られてつくづく幸せもんじゃよわしぁ。



と。いうわけで。
もう寝ます。

あーしみ。

明日は日がな1日ゴリラのマネして過ごそうと思うよ。きっとハッピーな気分になれることうけあいだね☆

あーしみ。

平々凡々

折に触れ自身に蟠る激情
その地獄

悲しい哉是
己が心の儘なる様――
唯一無二のもの也

内は呑まれてしまえ
誰ぞ知る

外は
外は――……、
プロフィール

山田龍一

Author:山田龍一
齢三十二にしてしがないビラ配り。
一念発起して文筆家を志すも、学の無い故に創作はすべて字引を片手に見よう見まね。
しかし、その拙い一言一句にキラリと光る何かがあるのか否か何なのか……。

リンクフリーです。feel free of anything.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR